FC2ブログ
2019/11/15

相撲大好き!

大相撲、私はこの国技が子供の頃から大好きです。
小学生の頃は大鵬、柏戸の時代です。
大学の時は親しい友人と休憩の時など、いつも四つを組んでいました。

世界に類を見ない国技はパンパンあるいはあんこ型に太った裸の力士が150〜200Kgの
巨体でたった4mほどの土俵の上で戦います。体が徳俵から飛び出るか、膝から上を地面に
つけるかで勝敗が決まります。厳しい徒弟制度と谷町という特殊なパトロネージがこの
世界を形作っています。奈良時代から続くこの格闘技は島根県で発祥されたとし、現在に
至っています。今や天皇陛下は元より、アメリカや各国の領主が見に見物に来る伝統技に
なりました。

炎鵬は体重差100kgもある碧山を土俵上で転がすという、離れ業を披露しました。
古くは寺尾がそうだったように、小柄な力士が相撲界の人気を集めています。
ところでまわしが相撲中に外れる決まり手があるそうです。なんだかご存知ですか?
答えは「もろ出し」と言うらしいです。

おしまい







スポンサーサイト



2019/11/10

トラウデン直美さん

NHKの天皇陛下祝賀御列の儀の中継にゲストで呼ばれていた、トラウデン直美さん。
トリンドル玲奈と被りますが、ドイツ語堪能(父がドイツ人)しかも美貌の持ち主、
KO大学法学部と偏差値も高く、才媛です。これからが楽しみな注目株です。

2019-01-14-08-56-08-733.jpg


2019/11/04

ゴルフ卒業宣言

いよいよゴルフが苦痛になってきました。
どんどん飛距離が落ちる、アプローチがピンに寄らない、短いパターを外す、
アイアンでボールが上がらない。これではスコアがまとまりません。

仕事柄コンペに良く誘われます。しかし、確実に100を切れなくなった今、
コンペは苦痛になってきました。同じ土俵に立ってドライバーが
50ヤードも置いて行かれると、本当に面白くありません。

勝負とはそういうもの、同じ土俵で勝負しないことが、一番だと認識しました。
最盛期はハンディキャップ13、ホールインワン2回、平均スコア85が
今では・・・。もう何も未練はありません。ここらで自分が変わることに
しました。ただ、自分主催のコンペをやめるのが少々つらいことではあります。
共にプレイした人達とのコンペ後の会話や、親近感はなんとも言えないものが
ありますが、私はこの時間を更に有意義な活動に回したいと思います。
だって、人生において残されている時間は限られているのですから。





2019/10/25

観光地価格

この時期、観光客のお目当てはカニです。
カニといえば本場橋立のカニは昨年、カニづくしで25000円しましたが、
今年は17000円(税別)とお安くなりました。
それでも庶民には高嶺の花です。

金沢のホテルも価格破壊が始まりました。
金沢駅近辺のビジネスホテルは4000円台で泊まれますし、
ツインでも7000円とこれまたお買い得ですね。
大手資本が一斉に金沢のホテルに投資した結果ですね。
名古屋よりも金沢の方が部屋数が多くなったそうです。



2019/10/20

ストレスの解消法=なにもしないこと

私はこの歳になるまで働き詰めでしたので、何もしないことへの恐怖感といいますか、
経済活動=創造活動という図式になっています。そして、扱う商品が家と、大きいだけに
大金を動かすしんどさ、クライアントからの要求に応えなければいけないという脅迫観念が
ストレスとして、いつもつきまといます。

そこで欧米でトレンドになっているストレス軽減法がオランダ発の「niksen(ニクセン)」です。
これはオランダ語で「何もしない」を意味する動詞で、文字通り何もしないことがストレス解消
には効果的だそうです。さらにニクセンは、ひらめきを生み、創造性を高める手法としても
注目されています。デンマークの「ヒュッゲ」とともにボーっとするライフスタイルが注目を
浴びているようです。

私の場合、ストレスは怒りとなって時折、爆発しそうになります。そんな時は怒らないように
自分に言い聞かせる手法を使っています。それは簡単なことです。

つまり自我=心をなくすことです。仏教の教えでは心がすべて悪さをします。無駄な欲望も
自我がある故の仕業です。ここまでくれば禅の境地なのですが、自我=心をなくすこと、
そうすれば自ずと怒りが納まります。イメージとしては心をなくしてしまうことで、発する
怒りを無にしてしまうような感じかもしれません。

思うようにならないこと、他人への妬み嫉みは怒りに繋がります。それをなくす事は並大抵
ではありません。ストレスがない人はいないと思いますが、それを消すことも修行ですね。
稼がなければとか、やらなければならないという、脅迫観念や怒りから来る焦りは経験上、
創造性を削いでしまいがちです。



2019/10/11

Drawing the future

過去をトレースするのではなく、
未来に向けて新しい線を一本引いてみよう。
きっと新たな一歩を踏み出せるに違いない。

YOTAN
2019/10/09

UFO写真

IMG_5284.jpg

この写真は今年の2月、同市内で撮ったUFOらしきものです。
こちらは前回のブログでも書いた、白山比咩神社の方向です。
知り合いの左官屋さんもこのあたりで見たと言ってました。

カメラはスマホではなく、一眼レフカメラで撮ったものです。
もちろん、CCDにはこのような汚れはなく、ほかの写真には写っていません。
かなり大きな飛翔体なので、形状から察するとUFOかもしれません。
お椀型なので、アダムスキー型かと思われます。



2019/10/08

UFO型雲を発見

IMG_2739.jpg

ちょうど白山比咩神社の下あたりに、ぽっかりとUFO型の雲が
現れていました。結構自分の周りにもUFOを見たという人が多くて、
やはり白山麓はパワースポットです。
2019/09/29

赤いiPhone11に買い替えました

IMG_2692.jpg

IMG_2693.jpg

私の6sのバッテリーが瀕死の状態で、すぐに1%とかに残量が減り、仕事にも差し支えるので
11に買い替えることにしました。売りは顔認証とバッテリーの長持ち、2眼カメラでしょうか。
この際、11Proの望遠カメラは捨て、多用する超広角が付いている11に決めました。

今回はiTunesを使ってバックアップしましたが、パスワードなどの移行がスムーズにできません
でした。iOS13との親和性からか、面倒なパスワードの再設定を度々強いられました。
また新しい画像フォーマットHEICが現在の写真ソフトでは読み込みができず、
カメラ側の設定を「互換性優先」にすることにより、読み込みが可能となりました。
高圧縮に対応するフォーマットのようですが、やはりJPEGを使い慣れているものとしては
それ以外のフォーマットを混在させるのは少し無理があります。

本体はApple storeで買い、YmobileショップでSIMの差し替えを行ってもらいました。
海外旅行に出かける時はパケット用のSIMを差し替えて使おうと思います。

デザインやGUIに特に新しいものは見られませんが、今回は特別色の赤を選んでみました。
これは赤色の機種を買うたびに「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に
直接寄付されるというものです。赤色はスーパーカーのようで精悍です。

しかし、筐体は随分と大きく、6sを使い慣れたものとしては手に余る大きさです。
片手操作は若干厳しいです。

おしまい




2019/09/25

ものに溢れかえっている現代だからこそ

私達の周りに目をやると、家中ものに溢れかえっていることがわかります。
こんな時代だからこそ、厳しい目で品物を選ばなければなりません。
作りが良いものとの出会いは終わりのない旅のようなものですね。

旅先で、友人の家で、お店やさんでと良いものとの出会いは様々ですが、ひと目で
心惹かれる品物もたまにあります。身近なものはタオルや歯ブラシ、ベッドシーツや
小さな袋物に、とても良い商品があることがあります。鉄やアルミ、銅、天然木を使った、
天然素材の製品は使い込んで経年変化が楽しめます。これらは手の油や、こすれ、
汚れなんかが、風合いとして出て来るというものが多いです。
木製品では単板に限り、OKです。合板はNGです。突板は経年で表面が剥げ落ちて来ます。

私のマイポリシーは樹脂製品を買わないことです。
しかし、これが結構ハードルが高くて、百均に行けば殆どが樹脂製品ですし、家電も樹脂を
使わないのはハイエンドオーディオぐらいです。しかるに、このポリシーを守る事はプラゴミの
削減にも繋がり、環境保全にも貢献します。リサイクル品を使うことも資源保護になりますね。

おしまい。