FC2ブログ
2019/08/10

耳栓型イヤホンを買った

IMG_2605.jpg

孤独なジムのトレーニング中にと、家電量販店を回ってブルーツゥース対応の
イヤホンを買った。このマーケットは様々なタイプがあって、ネット情報だけでは
購買意思の決定には至らないと判断し、お店で買うことにした。耳の形に個人差が
あり、やはり装着感を一番に考えたからである。

店員の話ではフルワイヤレスのものより、耳栓からワイヤーが出て左右連結している
ものの方が音質が良く、電池も長持ちするようだ。しかし、ファッション性から独立
タイプを選ぶことにした。何よりも運動しながら本体が耳から落ちないものを最優先
とした。

選択肢はイヤーパッドの手前に角のような突起があるソニー、JVC、丸い突起がある
BOSE、オーディオテクニカに絞られた。たしかにどれも飛び跳ねても本体がずり
落ちない。後は音質だが、高音がよく出るソニーも魅力的だったが、結果は低音が
良くでるオーディオテクニカのものにした。JVCは接続が時々途切れた。セットで
18000円近くする高額な買い物だったが、久しぶりに納得するまで現物の音を聴いて
決めることができた。尚、BOSEは現物が無かったので、幾ら評判が良いと言われても、
選択肢には上がらなかった。

これはよく考えると補聴器ビジネスのようなものだと思った。


スポンサーサイト



2019/07/08

音楽と共に入眠はいかが?

音楽の専門家ではないですが、就寝前にスローテンポなクラッシックやジャズ、
ボサノバを聞くと睡眠の質が上がるとされています。交感神経が優位になっている
状態から、副交換神経を優位にし、精神をリラックス状態にする効果があるそうです。
現代人はつい、スマホやPCを見てしまい、興奮状態になりがちなので、寝る前30分は
画面も見ない方が良いとされています。

ある調査機関が調べた結果、入眠前に30分ほど音楽を聴いた人は聴かない人に
比べ8割ほど睡眠の質が良くなったという結果が出ています。

私はインターネットのLinn Jazzを寝しなに15〜30分ほど聴きますが、大音量でも
ついうつらうつらしてしまいます。ハイレゾの音源で、雑音が極めて少ないので、
不思議と眠くなってしまいます。

おしまい。
2019/06/23

初めてのオープンリール

IMG_2321.jpg

オークションで落としたのはテープデッキ。
しかも2トラ38機。使い方はカセットデッキほど単純ではない。
2個のリールの固定と、テープの設定がえらく面倒である。
そして2トラ38機はテープの回転が速いので、
5号リールだと30cmLP盤の片面も録音できない。
みんながこぞって10号リール機を買う訳がわかった。
音質は元々良いので19cm/secで十分だと思う。
それに大きなリールは一旦片側に巻き取ってしまうと、保存する際は
すべてをもう一度巻き戻さなくてはならないので、無駄に時間がかかってしまう。
この恐るべき物量的、手作業的なマシンは昨今のデジタル化の時代にあって、
ガラパゴス、あるいはそれ以上の存在だと思った。
ほぼこれは、懐古趣味に浸るための小道具だと痛感した次第。

今回はNHKのFMをエアチェックしてみたが、満足できる良い音がした。
ただし、自宅でFMをチューナーで聞いたり、エアチェックする人は圧倒的少数派。
この行為が今のところ、私は楽しいと感じている。
オーディオは自己満足でしか、成立しない趣味である。

おしまい。

2019/02/19

エンスーの小径:新規CDプレーヤー

IMG_1656

古いMyryadのCDプレーヤーを修理している間、エイッと思い切ってMyryadの新型、
Z210を買いました。これまでのヤマハのCD-S2000に次ぐ219000円(税抜き)という、
僕にとって高額なプレーヤーです。もちろん、エソテリックやワディアなどお高い機種に
目をやれば100万円なんてザラ、切りがないのがCDプレーヤーの価格です。

さて、Z112と変わらない音だったらどうしようかと思いながら、ネットの評価のみを
頼りに買ってみました。本体重量は軽く、筐体も少し安っぽい感じです。

恐る恐るCDを差し込み、スイッチを入れました。するとどうでしょう、
自分的にオーディオ再生の夢だったレコードのような音、震える音にかなり近い音が
出ています。デノンのS-10やマランツのSA-10と同等かそれ以上のクオリティがあるよう
感じました。たかがCDプレーヤーですが、ジャズですと楽器がボーカルからちゃんと
独立して鳴ること、レコードのように無音の時がとても静寂なことに驚きました。

2000年以前の昔のソフトはそれなりですが、新しい録音の24ビットデジタル
レコーディングの音源であれば間違いなくレコードと同等の音、またはそれ以上の音です。
以前のヤマハも悪くなかったですが、鳴る音がまるで違います。機械機械しているその他の
CDプレーヤーに対し、Z210は木管楽器のような音という表現が正しいかもしれません。
少し褒め過ぎたかもしれません。おしまい。


2019/01/13

エンスーの小径

myryadz112.jpg

寝室で使っているMyryad Z112のピックアップを交換しました。
アマゾンでphilipsのピックアップをゲットし、取替えました。
超小型のトルクスドライバーを必要とし、
かなり細かい作業なので神経をすり減らしましたが、
取替後は快調に動作しています。ただ、CD-RやSHCDなど、
新しい規格のCDはたまに読み込まないものもあります。
Myryadの低音域の音は素晴らしく、ほぼレコードのような質量があります。
今はヤマハのヘッドフォン、セミオープン型のHP-2で聴いています。
40年も前のヘッドフォンですが、いい音で鳴っています。
オーディオの音と作られた年代、先端技術は無関係と言っていいでしょう。
2019/01/10

RCAケーブルの悩ましいところ

RCA-cable.jpg

いつもRCAケーブルのメーカーで悩んでいます。
おまけのケーブルの音はいまいちなので、必ず交換しています。
やはりお値段が高いものはいい音がします。ただ、その限度が
分かりません。筆者は1,000円のものではあまり変わらないと信じているので、
主に1m3,000円位のものに替えています。高いものだと3万〜4万しますが、
購入したことはありません。廉価なもので良いものはaudio-technicaで
1本1,000円ほどでありますが、少し解像度が上がった感じがします。
モガミケーブルに変えるともう少し解像度が良くなり、さらにベルデンケーブルに
すると、音にもっと艶というか輝きが出るようになりました。
この拘りがなければオーディオは面白くありませんね。
2019/01/06

技術開発すれば新しい夢が見られると言う幻想

新しいものが良いものとは限らない。
たとえばワンビットデジタルアンプ、発売当時、
究極のアンプ技術と言われ、誰もがこれからはこの技術で
良い音が作れると思った。しかし現在この技術は全くと
言っていいほど、普及していない。DVDオーディオも
同じ道をたどった。

ハイレゾ技術も今は頭打ち。なぜなら先端の技術=
良い音とは限らないのです。つまり究極の音など
存在しないのです。
性能が良いものは単純に良いものとは限らない。
良いものが必ずしも性能が良いと言うわけではない。
これらのことはオーディオ製品に最も当てはまることでは
ないでしょうか。

性能だけを求めて良い音が作れる訳ではない。
人が求めるのは人間的な心が震える音。
単なる高解像度の音ではない。
ハイレゾ=必ずしも良い音ではない。
アナログ=必ずしも良い音ではない。
2018/11/13

ONKYO C-7030 評価

IMG_1223.jpg

MYRYADのプレーヤーが不調になったので、繋ぎにお安いONKYOのCDプレーヤー、
C-7030を購入しました。MYRYADのプレーヤー並の音質は期待していませんでしたが、
そこそこ良い音がします。かなり高分解能で、あまり聞き疲れもしません。ネットの
書き込みの評価はかなり良いです。ただし、2万円を切る価格なので、高級プレーヤー
のようにアナログレコードのような音はしません。十分MYRYADの穴を埋めるだけ
の力は持っていると思いました。オーディオは出てくる音の良し悪しが全てです。

2018/07/18

職場に愛を、仕事に音楽を

IMG_0902.jpg

カフェで使っていたヤマハCA-2000の右チャンネルの音が出なくなってしまった。
代わりにマランツのレシーバーを作業小屋からカフェに移動させた。
ずいぶんとタッパが小さくなった。

音楽はBGMとしてもちゃんと聴きたいので、CD-N500チューナーを事務所横の本棚に移した。
そしてBOSEのアンプに繋いでBGMをかけることにした。
パソコン経由の音より、遥かに音質が向上した。

仕事に音楽を挟むと何故かはかどる。
このスタイルはサラリーマンから独立後ずうっと続けている。
当初FMやCD主体だったBGMが、今やインターネットラジオに変貌した。

2018/05/13

アナログとデジタルの違いはどこに?

R0014826.jpg

Linn Jazzを聴くと良くわかります。
高音質の音と圧縮率の大きな音との差。
AIFFやMPEG-4とは明らかに違う、高密度な音。それは特に低音域で顕著。
ボンボンとやたら周波数の低い音を平坦に出す、高圧縮の音に比べ、
ハイレゾ音源は濃密で充満した低音を提供する。包まれ感が違う。
ベースの音は部屋中に充満する感じ。
Linn Jazzは320Kbpsで通常の128Kbpsの3倍近い情報量があり、圧倒的に音が濃い。
だからCD音源とほぼ同等の音質が得られる。
僕の家ではヤマハB-5で鳴らしていますが、これまた濃密です。
昔持っていたマークレビンソンより音が濃い。
コーヒーで言えば深煎りかな。