FC2ブログ
2011/04/10

ヤマハデザインという大きな遺産

個人的にヤマハのデザイン、製品は若いころから

大ファンでした。父に最初に買ってもらったバイクが

ヤマハのDT-1という2ストのトレールバイクでした。

そしてバイトでためたお金で初めて買ったオーディオが

ヤマハのTC-800GLというマリオ・ベリーニデザインの

カセットデッキ、同時にヘッドフォンも購入。現在も手元

にあります。それ以来、30有余年オーディオ、スキー、

テニス、ゴルフ、楽器とヤマハの製品を買い続けてきました。

ですから僕のDNAはヤマハのデザインというか、

ものづくりに常に呼応しているようです。

ヤマハのデザインは純粋に日本人のDNAが作り出したもの。

わびさびを端的に表現していると思います。子供のころ、

高嶺の花で買えなかったヤマハスキー、Hi-Flexはその

ひとつ。真っ白なスキー板には何も描かれて

いません。グラフィックといえばスキーの先端にヤマハの

音叉マーク、そして先端と金具の中間にただ一点、

小さくHi-Flexと表示されているだけなのです。

この板は本当に美しい板でした。数ある海外や日本製の

板はどれもこれもくどくてけばけばしいグラフィックなのに

この板だけは唯一孤高の存在でした。ピアノのような光沢の

純白の板は様々な想像を喚起し、幼心に強烈なインパクトを

残しました。

ヤマハは日用品ではなく、移動体、楽器、スポーツ用品といった

趣向品で常に人々の心を魅了してきました。これは70年代、

80年代から受け継がれてきた企業文化、21世紀へ向けての世界

デザイン遺産とも言えるべきものではないでしょうか?

スポンサーサイト



2011/04/05

ベリリウムツイーターの音

NS-1000M

学生の頃から30有余年、ヤマハ一筋にオーディオとバイクを愛し続けてきた私。

馬鹿がつくほど愛して止まないヤマハ製品はすべて日用品を超えて趣味の域。

その生い立ち、デザインから機能、志の高さといい、80年代の水準を越える

ものは未だ出現していないと言えます。その最たる商品がこのNS-1000M

だと思います。音の艶といい、色気といい、今は生産が不可能なピュア

ベリリウムで作られたユニットを採用しています。今、このような製品を

作ると100万円はくだらないといいます。いや、金額では測り知れない

ものかもしれません。ヤマハはバイクにしろ、オーディオにしろ、楽器の

製造技術が随所に生かされています。例えばスピーカーのエンクロージャ

では精密な木工技術が、オートバイのシリンダーヘッドなどはピアノの

鋳造技術が生かされているといいます。闇雲に海外生産に移管するのではなく、

かけがえの無い技術として伝承すべき日本の宝だと思います。