FC2ブログ
2018/09/05

EOS R デビュー、で。

canon_eos_r.jpg
満を持してキャノンからミラーレスフルサイズ一眼レフが発表された。

無音、3030万画素は多少魅力的であるが、どうも触手が動かない。

これまでのEOSシリーズとデザイン的にどこが違うんだろうか?

このデザインでは新しいユーザーを獲得しそうもない、コンサバな

出で立ち。真っ黒ボディに赤ベルト。新鮮さなどかけらもない、フツーの

カメラのステレオタイプ。がっかりです、キャノンさん。

デザインは時代の風を読んで常に変わるべき、新しい心の表現です。

それは端的に形に現れるものです。少なくとも日本のデザインは時代を切り裂く、

世界のトップランナーであってほしい。初代フイルムカメラのEOSのデザインは

当時物議を醸したが、とても進歩的でエルゴノミクスを意識したデザイン

で一斉を風靡した。この時代、コンサバなデザインは身を守るどころか、逆に市場を

失いかねない、危険もはらんでいると思う。


スポンサーサイト



2018/01/26

得した気分

IMG_0381.jpg

キャノンEOS6Dmark2を買ったら、もれなくついてくる東京5輪ストラップ。
これまでの黒赤のものと違って気分も変わる。
上の64GBのSDカードと予備バッテリーも購入特典。
一眼レフなんか売れないご時世だから、メーカーも必死。
スマホで結構いい写真が撮れますしね。
2018/01/24

無類のカメラ好き

僕は学生時代から写真部に入っていたので、銀塩カメラの時から現像、引き伸ばしを

やっていました。そのせいで大体露出とシャッタースピードの関係性は理解している
つもりです。しかし、最近の高ラティチュード化によってISO40000とかになると、
全く見当もつかない数値になってきました(笑)ただ、機械ものが好きなのでメカ
時計だとか、メカニカルシャッターのマニュアル機とかは写真を写さなくても傍に
置いておきたくなる性分です。眺めているだけですが、空シャッターを切るだけで
楽しいのです。

R0014678.jpg

キャノンニューF1 AEファインダー付 FD50mm f=1.4  2000年頃のもの

R0014679.jpg

ニコンFフォトミックブラック、f=55mm 1:1.2 Nikkor SCレンズ 1970年代

R0014680.jpg

目下のエースカメラ、EOS6D mark2 24-70mmf4 USM
素晴らしいレンズです。画質も言うことなし、でもやっぱり本体はAPS-Cやマイクロ
フォーサイスサイズに比べるとでかいです。キャノンのセンサーは色表現が抜群で、
24X36のフイルム面にベタッと情報が貼り付く感じです。EOS5Dも所有していますが、
1280万画素なのに恐ろしい程の奥行き感が出ます。色はニコン一眼のように時折、
気が狂ったような発色を出すことはありません。僕はそれが嫌でニコンから
キャノンに変えた経緯があります。でもEFレンズは高価で中々買えません!(涙)

R0014681.jpg

6D mark2のバリアングル液晶モニター
180度開くのではなく175度と微妙な開度。バリアングル液晶は被写体、写される
側がカメラを意識しないのと、ローアングル撮影が出来るのが嬉しいところ。

R0014682.jpg 

建築施工例写真はもっぱらキャノンパワーショットG7Xにおまかせです。こいつも
寄ったり引いたり、ズームの利便性を最大限に使えます。
バリアングル液晶が機動性を発揮します。

34642880_Unknown.jpg 

作画的な写真やプライベートの写真にはGRを使っています。
渋い陰影のあるトーンがとても気に入っています。旧ライカのようなレンズです。
カメラ本体もシンプルでおしゃれですよ。

ソニーのα7MarkIIなどミラーレスも触手が動きますが、女房曰く手は2本、目も
2眼しかないのにカメラ何台も不要だちゅうんですね。(笑)

2014/12/12

キャノン党、G7X入手




いろいろ悩んで、ズーム付きコンデジはキャノンG7Xを買いました。

取り急ぎ、第一印象をお届けします。まず、作りがとても高級感があること。

何より画質がとても良いことが挙げられます。ただ、GRの横長の形状に

慣れてしまったせいか、ちょっとホールドしにくいなという感じはあります。

後は液晶が小さいので、メニュー画面が多少操作し辛いという感じです。

IMG_2177.jpg

ハッセルブラッドのように画像を上から見て撮影できるので、プロカメラマンの

ように低い位置からの撮影が出来ます。しかもハッセルブラッドの左右逆像の

ファインダーと違い、正像ですので作画に集中できます。

IMG_2175.jpg

ダイヤル関係はアルミ削り出しでとても高級感があります。赤いラインが

精悍さを強調していい感じです。撮影機材はEOS-M、EF50mm F=2.5

マウントアダプター使用です。
2014/12/07

最新コンデジ事情、G7かRXか?

写真オタクとしてはGRの単焦点レンズだけでは作画のバリエーションが

狭くなってしまう。どうしても近くへ寄ったり、望遠で引き寄せたくなる。

ソニーのRX100−M3もいいがお値段がどうも高い。ソニーは8万、一方、

キャノンは実勢6万で買える。どちらも2,020万画素、キャノンは広角側が

24mm、ソニーも24mm、望遠は同じく100と70mmだから、若干キャノンが

広い。どちらも1インチCCDを採用。だったらキャノンかな〜。デザインは

どちらも甲乙つけがたいね。ソニーはEVFが付いているし悩みどころだな〜。
2014/05/14

写真生活



リコーGRを買って1ヶ月、APS-CサイズのCCDに満足しています。

そしてワンタッチで画像のエフェクトをかけることができます。

自分は普段、ポジフィルム調で撮っています。GRの写真は若干

アンダー気味に写ります。やや陰影の深い写真は画質的に好み。

色味は一眼のEOS6Dに似ています。深い陰影と渋い色調が良く

マッチします。ただ逆光の場合、アンダーすぎる傾向があり、画像

補正を余儀なくされるのです。この写真はiPhoneで撮ったものです。
2013/07/12

EOS-M、サブカメラとしてどうなの?

久しぶりにEOS-Mを引っ張り出してきて少し写真を撮ってみた。

標準のズームレンズは歪みが半端ではない。特に建築や空間を撮った時、

縦線がまるで樽のようになる。まだ他のAPS-Cの方がマシかなぁ〜。

逆に近接撮影の時は縦線が鼓のように凹んでしまう。

FEマウントが使えるだけで、今ひとつしっくりこないのも事実。

ファームウエアは2.02にアップして、少しピントは速く合うようになったが、

今後のレンズの充実に期待したい。建物などを撮る時はカメラ内の画像処理

で湾曲を矯正している場合が多いので、慎重に市場動向を見たいね。
2013/04/07

新しいカメラ、新しいレンズ

キャノン6Dを昨年の冬、そして今年の冬、

新しくパンケーキレンズ40mmF2.8を購入。

いろいろ撮って見ようと模索中です。

低照度での発色は抜群です。

IMG_0342.jpg
EOS6D 50mmF2.5macro F2.5 1/400

IMG_0358.jpg
EOS6D 40mmF2.8 F10 1/40

2012/12/14

EOS-M、画像はまずまず。

EOS-M

EOS-5Dのサブカメラとして、新たに購入したEOS-M。7年ぶりに

コンデジ以外の購入です。画面をタッチしてシャッターを切ることが

できます。さすがにミラーレスだけあって画質は一眼レフに引けを

とりません。ただ、EFレンズを取り付けてのオートフォーカスは

遅いです。まぁ僕みたいに動く被写体を撮らない人にはいいと思います。

EF17-40mmレンズはちょっと重いけどEOS-M標準ズームより、

画質は明らかにいいです。当たり前ですかね。

EFレンズをつけたEOS-Mはすごく格好いいと思いました。



2012/01/20

持ち歩きたいデザイン、レトロなルックス、いいね。

IMG_1061.jpg

ニコンのCOOLPIXP300が修理に行っている間、カメラのキタムラへ

何度も通ってGRD4かこのX-10にするか何度も迷った挙句、デザインに

惚れ込んで買っちゃいました。昨年の6月にGRD3を買ってドイツで

盗まれて、1年も経たない内にコンデジ3台目、長くいいものを使い

続けるポリシーからちょっと逸脱かな。