FC2ブログ
2020/01/12

日本のオートバイ売上、またも減少

消費税が8%から10%に上げられたため、日本のバイク消費に対する需要は急激に減少し、
2019年10月の売上は23.0%減、11月は23.6%減の最悪を記録しました 売上総数は
315.817台で、7.8%減少したとあります。

1位であるホンダの年間売上高は、年初から11か月間で163.671台で、0.9%減少しました。
2位のヤマハは75.019台(-4.0%)で、続いて57.709台(-0.8%)のスズキ、19.724台
(-1.7%)のカワサキが続きました。 日本ブランド4社は市場全体の89.7%を占め、BMWや
ハーレダビッドソンなど輸入ブランドは10.7%を占めています。

輸入車のトップは、売上の2.9%を失ったものの、日本で人気のハーレーダビッドソンです。 
最も急成長しているブランドはハスクバーナで、最近市場に上陸し、2018年の倍の売上を
記録しました。ハスクバーナはエンジンチェンソーで有名ですね。

1_l.jpg




スポンサーサイト



2019/12/29

2016年 ヤマハSR400 60thエディション

IMG_3048.jpg

8月に車検を取りそこね、いつも頼んでいる民間車検場に電話したら、お上よりバイクの
持ち込み車検は引き受けるなというお達しがあったらしい。察するに、不法改造の
見落としを避け、部品の脱落や騒音被害などの事故を防ぐためだと、理解。日本国自体が
面白くない方向、重箱の隅までつつかれる国になろうとしているのではないかと感じた。

ドイツではナンバーが一枚あれば乗りたいバイクに取り付けて走れるそうな。
国の違いは別として、購入元の某バイクショップに連絡を入れて春に車検を通して
もらうことにした。どうせ冬場は雪で乗らないもんね。



2019/12/05

現有車リスト

久々に所有する車(エンジン)のリストアップをしてみました。
内燃機関好きとしてはいつもエンジンがかかるようにしておかねばなりません。
ただ、もうこの即物主義はいい加減、止めにしたいです。

1 バイク ヤマハSR400 400cc
2 バイク セロー225 225cc
3 車 ボルボ V90CC 2000cc
4 車 ホンダN-Van 660cc
5 車 ホンダFIT 1500cc
6 Stihl 草払い機 50cc
7 Stihl チェンソー大 40cc
8 Stihl チェンソー中 30ccくらい
9 Stihl チェンソー小 30ccくらい
10 Stihl チェンソー小型軽量 30cc
11 Stihl カービングチェンソー 30cc
12 Stihl ヘッジトリマー 30cc
13 Stihl エンジンブロアー 30cc
14 ホンダ除雪機 90cc 
15 ヤマハ2サイクル発電機 40cc

しめて15台23気筒、5000cc近くになります。
これから先、地球環境を考えると将来は電動化か? 
しかしStihl製品が8台もあるのには驚きました。
チェンソー5台は余計かもしれません。
Stihlの高圧洗浄機も含めるとStihl製品は9台あることになります。
断捨離せねばなりません。
あと、SR400のFIが不調。

IMG_2996.jpg




2019/10/04

アフリカツイン新型!

002-24.jpg

アフリカツインCRF-1000Lがボアアップして1100Lになりました。
新たにポジションランプやチューブレスタイヤの採用、フレームの新設計など、
外観からは伺えない大幅な改造を施し、タンクもスリムになっています。

また、トラクションコントロールはコーナリング時にも制御可能となり、
より、スムーズな運転が可能となっています。
BMWF850と良いライバル関係にあり、金額も拮抗しています。

DCTでオートマの楽ちんな運転が可能なところがBMWに対するアドバンテージですね。
このマシンでもう一度、北海道を攻めてみたいもの。

2019/04/12

BMW F750新エンジンを引っさげて登場

 bmw-f-750-gs-2018-07.jpg
最近バイクの話題がないので、BMWのアドベンチャーバイクに新エンジンが
加わったことを報告します。BMWのパラレルツインは以前からオーストリアの
ローテックス社が作っていましたが、その新型がリリースされ、F750GSに採用されました。
バイクのエンジンは官能性が一番大事ですから、乗ってみないと分かりませんが
エンジン自体も乗り心地や運動性能に大きく関わります。パラレルでも
シングルのように軽やかに回る不等間隔爆発は筆者もF800でも経験しました。
このレイアウトはホンダのアフリカツインでも採用されたようにスリムで人気があります。
同時にロングストロークのエンジンは息の長い加速が可能です。
このことは峠道での回頭性の良さと長距離ツーリングで疲れないという大切な
2つの基本性能であると思います。

しかし、新しいF750GSのデザインはちょっと退屈。
ラインが多すぎて、不用意に間延びしています。
2018/12/30

アフリカツインプラモ完成

IMG_1337.jpg

IMG_1336.jpg

わずかながらどこにつけたら良いのかわからない部品が何個か出てきた。
取説を穴が空くほど見回してもその部品は発見できなかった。
デカールもどこに貼ったら良いのかわからないものが1枚あった。
取り付け時になくしてしまった部品とデカールの失敗分を
タミヤに請求して、余分に2000円ほど使ってしまった。
埃がつくのが嫌なので、アクリルの透明ケースを発注した。
完成状態が目に見えるものをコツコツと作る事は創造性に欠けることかも
しれない。

2018/12/15

CRF-1000L やっぱりプラモとは違う

IMG_1321.jpg 

友人のお店にアフリカツインがあるので見に行った。
やっぱりプラモとは違う、存在感に圧倒される。
車重240KgはGSと同等だが重心が高いので倒した時、大変そう。
林道だったらまず一人で起こせないし、助けを呼ぶしか無い。
電波が通じなかったら、遭難も覚悟せねば。
エンジン音はBMWF850と同じ音がする。
そもそもレイアウトが同じだもんね。
赤黒の外観はおしゃれで現代風。
トリコロールは飽きられたような。

2018/12/09

CRF-100L アフリカツイン 模型が間もなく完成

IMG_1309.jpg

IMG_1310.jpg

暇にまかせて作っていた、タミヤのアフリカツイン、CRF-1000Lですが、ようやく
完成のめどが立ちました。約一ヶ月の余暇を利用しての制作でしたが、一番の
難関は塗装でした。全部の部品に塗装指示があり、しかもその色が多いので、
タミヤカラーを次から次へと買い足さなくてはならなくて、その費用も馬鹿に
なりません。スプレー用のエアボンベも不経済で、ついにはコンプレッサーを
購入することになりました。スプレー用のエアボンベは一缶700円ほどするので
10缶買うのなら、こちらを買った方が得ということで、作業も終盤になり、ポチ
しました。

結局、出来上がるとただのディスプレイになるのですが、ネットでは売り払う人も
いて、人ってやっぱり、偉大なる暇つぶしを生涯かけて行っていることを
実感した次第。中学生の頃はコンプレッサーなど買う術もなかったので、もっぱら
ポンプ式殺虫剤のタンクに塗料を入れて塗装をしていたころを思い出しました。
部屋で塗装していると、シンナーの臭いで勉強してないことがばれるので、親に
気を使いながらの作業だったことを思い出します。
2018/12/04

タミヤ CRF-1000L

IMG_1282.jpg

タミヤのプラモが凄いと感じたのは取説がとても丁寧に作られていることです。
しかも日独英の3カ国表記。6分の1スケールは本当に細かくて、塗装が大変です。
1/24の車みたいにボンネットの中がらん堂、エンジンルームは部品一つと言う訳には
いきません。なにせ、見えないところまで塗装してあとは他の部品を覆いかぶせる
理由がわからない。それまでの苦労はどうなるの?誰が分解して中を覗くの?
という素朴な疑問が湧いてきます。そこまでしなくてもいいだろうというのは
タミヤ相手に野暮というもの。取説に従うしかないというか、途中でさじを投げない
ように没頭するしかない私。
2018/11/13

気になるアドベンチャーバイク

最近気になるバイク、ホンダアフリカツインCRF-1000L、なかなかいいエンジン音
しています。270度クランクはBMWのF850に近い鼓動音がして、近くを走っている
姿を見てただならぬ存在感に引き込まれました。

最近のアドベンチャーバイクはヘッドライトとカウリング周りのデザインがとても
むずかしく、複雑になります。良く対比されるのがBMWのR1200GSです。
BMWのGSはその辺がとても上手にこなしてあります。このバイクはやや、昆虫系の
顔つきでヤマハのスーパーテネレと良く似た雰囲気があります。僕はやはり、バイクで
あっても2眼より、オーソドックスな1眼が良いと思います。同じアドベンチャー
系のデザインはまとめが要ですね。この車両の後半のデザインは素晴らしいです。

とりあえず、暇つぶしにこのバイクのタミヤ製プラモを買いました。スポークも自分で
組み立てる本格的なやつです。


main.jpg