FC2ブログ
2018/11/01

歳をとってもやめられないこと

歳をとるとどうしてもボールが飛ばなくなる。これはゴルフの宿命です。

そこで道具に頼るのですが、なかなか自分に合った道具は見つからない。


同じような形をしたアイアンでも銘柄やモデルイヤーの違いで全く

飛び方や打感、打球音が全く違います。ドライバーも同じ事が言えます。


この2年でドライバーを1回、アイアンを2回替えました。

ようやく思い通りのクラブに出会い、納得のショットが打てるようになりました。


これまで何度も五十肩や腰痛、怪我、不調、リハビリ、飛距離の低下、

復活を繰り返し、その度に道具を替える、そんなサイクルになっています。


それほどやめられない魅力がゴルフにあるのです。ただ、ゴルフばかりに

のめり込むのは禁物です。もっと他に楽しむべき事に使う時間が限られて

いるからです。


この間、再開したテニスも面白いのです。錦織の観戦も大好きです。





スポンサーサイト



2014/10/20

寄る年波には勝てない

近頃、めっきりゴルフの飛距離が落ちてきました。ドライバーで

キャリーが180ヤードほどしか出なくなりました。4〜5年前までは

軽く200ヤード、ランを入れて220〜230ヤードというところ。

それがキャリーで180ヤードは辛いです。スプーンだと200ヤードの

ショートホールに届きません。かつてなかったほどの敗北感があります。

この歳になって体力や筋力の向上は余程の努力がない限り、望めません。

後は道具に頼るしかないのですが、今のところテーラーメイドのロフト

アップ
という手法に頼らざるを得ません。高い打ち出し角で滞空時間を

長く、キャリーを稼ぐしかないのです。ということでテーラーメイドの

グローレというドライバーに替えました。ロフトはなんと12度です。

最近のクラブはロフト角が変えられるので、12度±1.5度で調整できます。

しかしあまりロフトを寝かせると、ライ角もアップライトになるので、左に

出て右に落ちるフェード系のボールになり、却って飛距離が落ちるという

こともあります。とにかく練習しながら、使ってみることにします。
2014/08/05

ゴルフがやっぱり好き

R0013760.jpg

ある友人の誘いで最近、毎週のようにゴルフに出かけている私。

4〜5年前に肩を痛めてから素振りもできず、飛距離も極端に落ちて

このままゴルフ引退かなと思っていた時に、自分の背中を押してくれた

人に出会いました。それからはクラブを飛距離の出るものに替えたり、

筋トレをしたりと、自分でも涙ぐましい努力で、ようやく元の8割ぐらい

の調子が戻ってきました。ただ、新しいクラブに慣れるのに若干の練習が

必要でした。これまでの打ち込む打ち方から払い打ちに変えなければ

ならなかったのが、大きな改造点です。肩の調子は100%ではないにせよ、

プレイ中の傷みはなくなったようです。人間諦めたり、もう駄目だとか、

思ってはおしまいなのだと思いました。70台のスコアは無理にせよ、現状に

満足せず、これではいかん、もっとやれるはずという気持ちが大事なのですね。