FC2ブログ
2016/03/11

STAXイヤースピーカーがやってきた。

STAXといえばコンデンサスピーカーで有名な音響メーカーです。

僕は学生の頃、UA-7というトーンアームを買ってこれを十数年使っていました。

今もヤマハのYP-1000にくっついています。当時STAXはヘッドフォンが3万以上

して、学生の身分ではとても買えませんでしたが、友人のお坊ちゃま君がそれを

持っていまして、一度聴かせたもらった時に衝撃を受けました。耳を澄ませばサ~という

ホワイトノイズ上にとてもキレの良い、高音主体のリアルな音でした。いつかはこれを

買って使いたいという願いがこの歳になってようやく叶いました。見ての通り、虫カゴとは

うまいアダ名をつけたものです。しかも振動板が透けて見えるので、本当に音が出るの?

という感じですが。昔聴いたホワイトノイズは全く聞こえず、物凄くS/N比の良い音に

生まれ変わりました。音の分解能がすごく良いので、ラウドスピーカーで聴くより

遥かに情報量が多いです。また低音も歯切れよくズンズン迫って来ます。

そして、開放型ですので、周囲の音も聴こえ、これまでの音とは全く違った、

頭の真ん中で鳴る音です。お酒に例えるならば純米吟醸酒というところでしょうか、

味もコクもあるのにサラッと口当たりの良い音です。

IMG_3957.jpg

ただこの装置はイヤースピーカー単体では鳴りません。ヘッドアンプが必要となります。

コードもこんなに平たい6芯の日立電線の高純度銅線を使用しています。だから部屋の中での

移動はびろーんと幅広いコードを引きずりながらということになります。この一台がこれからの

オーディオライフに有益な伴侶となってくれることを願っています。

IMG_3960.jpg
スポンサーサイト