FC2ブログ
2019/01/02

Z4とジュリア

IMG_1413.jpg

秘密基地で全く違う素性の車2台を並べてみた。
ドイツデザインの雄、BMWとイタリアの伊達車、アルファロメオ。
なんとも比較が面白い2車。
車幅はBMWは2000年代の車らしく1.8m、ジュリアは1.59mとかなり幅が狭い。
全長はどちらも4.1m。
紅白でお正月から縁起が良い。
気がついたらバイク主体の生活からかなりクルマ主体になったかも。

スポンサーサイト



2018/08/11

タレ目じゃなくなったかな?

IMG_0962.jpg 

車も顔が大事ということでヘッドライトを替えてからちょっと広い所で

写真を撮ってみた。以前よりはタレ目の感じがなくなったと思う。

ブラックは顔が引き締まる。

その後ふらっと金沢21美へ友達が出展している作品展を見に

家内と出掛けた。まだ幌をオープンにするには蒸し暑過ぎた。

絵や書画を見ると一瞬にして心が平和になる。

2018/07/25

エンジンを運ぶクルマ?

IMG_0916.jpg

IMG_0917.jpg

全長4.1m、1.4トンのボディに直列6気筒3リットルエンジン。小さなキャビン。
大袈裟に言えばエンジンを運ぶための車。デザインは発売から15年経ったクルマとは
思えないモダンな佇まい。先日取引先にこのクルマに乗って行きましたが、暑くて幌が
開けられなかったです。しかし幌を閉じた状態でも快適な走行を満喫できます。
電気自動車もいいけど、内燃機関はやはり楽しいですね。
2018/07/23

一応よしとしよう。

IMG_0914.jpg

BMWの車両はバイクも含めCANBUSという自己診断装置がついていて、
電球の球切れなどを検知してメーターナセル内に表示することになっている。
それが純正ではないLEDやHIDバルブを装着すると、警告灯がつく仕組みに
なっている。今回その警告灯がついたりつかなかったりする症状が出る。
キャンセラーも同時発注して取りつけてみたけど効果なし。
原因は分からないが動作的には問題ないので、バンパーを取り付けて
とりあえず走りだしてみることにした。何せ古いクルマだから、仕方ない。
目の黄ばみが取れて爽やかな顔つきになったのではないかと、ひとりほくそ笑む。

2018/07/22

Z4のイカリング取り付け

IMG_0909.jpg

イカリングヘッドライトを取り付ける前にテスト点灯した。
なかなか良い感じ。これなら昼間でも目立つこと間違いなし。
眉毛はスモール点灯でこんな雰囲気。ポジションランプに白いカバーが
付いているので、なんとなくオレンジっぽい。これもブルーなど涼しい色に
挑戦してみたい。
職業柄、デザインで遊ぶのが癖になっている。
あとはLEDバルブが届いたら、バルブを入れ替えバンパーを取り付けて
作業終了。


2018/07/22

Z4のヘッドライト交換

IMG_0908.jpg

前々から気になっていたことだが、Z4のヘッドライトの黄ばみをなんとかしたいと
思った。最後のあがきでレンズを磨き倒してみたが、改善が見られず、今回ヘッドライト
ユニット交換に踏み切った。おしゃれクルマは見た目が最重要ということで。

バンパー外しは特に問題なく行えた。しかしランプの交換は選択肢がありすぎて悩んだ。
交換前の純正ハイビームはH1のハロゲン、ロービームはH7のHIDがついていた。
しかし純正のHIDの移植ができないので、やむなくポン付けのLEDバルブを購入することに。
これまでバイクのヘッドライトを何度か交換してきたが、車となると少し慎重にならざるを
得ない。出回っているものは殆どが中華製のOEMで耐用年数などわかったものではない。
だからポチするにも頼りは評価を見るしかない。LEDは概してHIDやハロゲン球に比べると
暗いという評価のものが多いことがわかった。筆者は前々からイカリングと決めていたので、
LEDリングよりより明るいCCFLリングのものに交換することにした。

ガレージは冷房がないので、扇風機を回しながら汗だくになって作業を開始した。
以下次号