FC2ブログ
2010/11/25

こんなリコールはいかがなものか

R1200GS
ブレーキの2回目のリコール修理。しかも同じ箇所。何でもブレーキホースの締め付けボルトにアルマイト処理がなされていないためにクラックが入り最悪の場合、ブレーキが利かなく恐れがあるというもの。万にひとつあるかないかのクレームなのでしょう。トヨタプリウスが示すように、万が一のアメリカの訴訟社会であれば損害賠償額が大きくなるかもしれません。メーカーの過敏なまでの危機管理がライダーに及ぼす影響はお金で換算できないのでは?と逆にいろいろ詮索してしまいます。
スポンサーサイト