FC2ブログ
2010/10/22

デザインが購買の引き金になることもある

近頃発表されたマックブックエアー。わずか1cmの厚みにソリッドステートドライブが入っている。最近のアップルデザインの方程式に則ったアルミボディ。これをアップルはマイナーチェンジと言わず、新発明とした。なぜかiPadよりも心躍る感動がある。ガジェット好きな人間とってツボをくすぐる商品に違いない。

ところで家電やPC、ガジェットは数年で陳腐化する。そして10年でスクラップになる。これを繰り返して今の経済は成り立っている。物欲はエコに先行する。(エコポイント制度で廃車になった車や、廃棄された家電が前年の1.5倍に及んだそうだ。)大量生産を前提にした工業デザイナーに対抗して一品生産を前提とする工芸家はこれを称してスーパーフイッシュと揶揄する。人間の物欲で経済が成り立ち、デザインはその一端を担っている。そして買い物をするという本能を刺激する行為があり続ける限り、人は果てしなく新しいモノを追い続ける。よってデザインは消費され続ける。結果、新しいモノを求め続ける限り、古いものは陳腐化する。購買という行為は非常に本能的、エロチックな行為だと言わざるを得ない。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんは。
blog訪問ありがとうございました。
AIR.....iPadより良いかなぁなんて思いましたが、MAC OSを使ったことがない自分でした(爆)