FC2ブログ
2014/08/22

北海道ツーリング2014!

th_R0013764.jpg

8月9日夜、夏休み初日敦賀から新日本海フェリー、すずらんに乗船しました。

今年は台風の影響で悪天候が予想されるのにもかかわらず、レインウエアを

忘れてしまいました。てっきり入っているかと思ったら、セローのパニアに

しまわれたままでした。(笑)お陰で苫小牧から札幌までずぶ濡れになり、

途中で見つけたコンビニでやっとの思いで1,000円の雨合羽をゲット。

th_R0013767.jpg

翌日もトラブルがあって、ホテルを出る時に誤って転倒、フロントの

ウインカーが根本から折れてしまいました。急遽BMWのディーラーを探し、

交換に半日を要してしまいました。仲間には迷惑をかけてしてしまって

申し訳ない。遅くなりついでに札幌の名所、時計台を見学。

th_R0013773.jpg

鰊の番屋で一服。勇壮な海船商人の家を見学し、いにしえの漁師の

ロマンに心を馳せました。

th_R0013796.jpg

日本最北端、宗谷岬でのワンショット。もうすでに日が

暮れようとしています。

th_R0013788.jpg

半日遅れでようやく辿り着いた、稚内レッドバロン、ライダーハウス。

もう既に7時半過ぎ。食事は店長の友達の「さるぼぼ」から出前を注文。

th_R0013807.jpg

翌日も雨が降ったりやんだりと、芳しくない天気。知床五湖の

幻想的な風景に心癒される。

th_R0013801.jpg

知床近くで、仲間のKDXのオイルキャップが吹っ飛び、代替品を

求めてホームセンターへ奔走するも、ピッタリのものがなく、コーヒーの

クリーム容器にアルミホイルを被せて応急処置をしているところ。しかし、

偶然にも道中で落としたキャップを発見、事無きを得る。

th_R0013822.jpg

知床の純の番屋で、キンキ定食。ボリューム満点で2,880円。観光地価格。

th_R0013831.jpg

4日目最後は330度パノラマの眺めで有名な開陽台に到着、旅の疲れも吹っ飛ぶ。

宿泊は近くの開陽台オートキャンプ場に宿泊。近所で食材を買い込み、

飯盒炊さんとキャンプ、蚊がとても多かったです。

th_R0013840.jpg

5日目は摩周湖を裏摩周展望台から眺める。浮島があってとても幻想的な

風景に癒される。観光客も少ない。これは美幌峠からの屈斜路湖の眺め。

th_R0013844.jpg

同じく層雲峡のパノラマの景色。ライダーのメッカ。

th_R0013850.jpg

5日目最後は旭川、旭山動物圓。夏休みで大勢の家族連れで

賑わっていた。おじさん達3人は黙々と動物を見て回った。

th_R0013854.jpg

最後に泊まった宿、ペンション風花。建物が面白ろそうだったので、

泊まってみたが、それ以外は書きたくない話題。

th_R0013862.jpg

最終日の富良野、白金温泉近くの青の池。コンクリートブロックの中の

アルミニウム成分が溶け出して青くなったという人造湖。

どちらかと言うとエメラルドグリーンに近い色。

th_R0013872.jpg

定番、富良野のファーム富田へ来ました。中国人や台湾人がいっぱい。

お花畑は恋人達の場所。日本語より、中国語が飛び交う不思議な観光地。

th_R0013887.jpg

そしてトドメは倉本聰、北の国からロケ地巡り。黒板五郎さんの

石の家に到着。ありえない建築とシチュエーション。これが本当の家だったら、

寒くて住めないだろうな。

th_R0013873.jpg

これもプリンスホテル、倉本聰プロデュースのニングルテラス。

もはや、90年台の開発で古臭さを否めないログハウスの売店。

th_R0013910.jpg

ようやく、苫小牧東港に着いて、フェリーの順番待ちをしています。

th_R0013911.jpg

展望デッキからぼーっと日本海を眺めています。また来られるかな?

いや、もう暫く来ないだろうな。当分、おなか一杯だわ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント