FC2ブログ
2014/08/28

一流品という概念は?

ブルータス、松浦弥太郎の男の一流品カタログを買ってみました。

読んでみて感じたことは、一流品とは成功の対価ではではないという

事です。また、ブランド物ではなく、自慢の対象でもない、

長く一生に渡り、淡々と生活に寄り添うものだと思います。

所有することが辛い、手を焼く、身の程を超えていると思った時点で

一流品ではなくなるのかもしれません。一番困るのは一流品を所有する

ことで自分が一流だと錯覚する感覚、例えばフェラーリを持っているから、

ポルシェに乗っているから、私は一流という人を多く見かけます。豪華

時計をはめているから一流と勘違いしている人と同じですね。くだらない

安価なモノであってもその人に取っては一流品というものもアリだと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント