FC2ブログ
2014/12/25

PC98というパソコン

その昔、パソコンはNECのPC98を使っていた。MS-DOSという真っ暗な画面に

コマンドラインしかないオペレーティングシステムでAUTOCADを立ちあげて

使っていた。何もかもキーボードから打ち込む原始的なパソコンでバッチ処理を

AUTOEXECというコマンドラインから打ち込んでソフトを起動させるという

前近代的な仕業を行なっていた。今思えば、OSが1.1MBのフロッピーディスク

一枚に収まる時代だった。当時、PCのピクセル数が640x480が標準の頃、

ハイレゾモニタと称して1024x768ドットの画面が40万位した記憶がある。

尚且つ、描画速度を上げるアクセラレータが20万程したので、その環境を

整えるだけで100万程かけた覚えがある。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント