FC2ブログ
2015/05/19

給料の2ヶ月分

家内の母の蔵を取り壊した時に出てきたものとして、頂いた懐中時計。

ハミルトンという名前。昭和初期のものだそう。アメリカ製で値段が150円と書いてあった。

14Kメッキでとても品のある時計。時計屋さんにオーバーホールしてもらったら、

1万5千円もかかった。これは狂わない時計が買える値段だと思った。ゼンマイは1度の

巻き上げで40時間しか持たない。この時計を懐に忍ばせてツィードジャケットを着て

モボを気取っていた、祖先に思いを馳せたのです。

IMG_2970.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント