FC2ブログ
2017/01/04

ブラッド・メルドーのソロ・アルバム

ジャンルを超越して先鋭的な表現の中に息ずくリリシズムが琴線に触れる1枚。
DVDもついていて映像でも楽しませてくれます。 
Mehldauの最近の演奏スタイルがどちらかというとシリアス路線とすれば
このアルバムは一般庶民に寄り添う方向で好ましい。
ここ2~3作に少々疲れを感じていたのは僕だけではないかもしれません。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント