FC2ブログ
2019/01/03

小松市日本自動車博物館へ

IMG_5144.jpg
いすゞ・ベレット
IMG_5145.jpg
ダイアナ妃が日本で使用したロールスロイス
IMG_5148.jpg
可愛いダイハツ車のコーナー
IMG_5150.jpg
保存の良いMGB
IMG_5153.jpg
スバルのコーナー
IMG_5199.jpg
レストア中のジャガー(何故かボンネットバスの横に置いてある)
IMG_5200.jpg
名車トヨタ2000GT
IMG_5207.jpg
レトロな自販機がおいてあるエントランス
IMG_5212.jpg
外観はレンガ造り調であるが実際は鉄骨造

久々に小松市にある日本自動車博物館へ行って来た。この博物館の展示はとても
興味深く、玉石混交のクルマの玉手箱のようでもある。何度も来たけれど、展示の王道、
年代や種、国別など全く無視して置かれている名車たち、そしてその展示はとても窮屈。
隣の車との距離は50cmほどしかなく、いろいろな角度から見る自由を規制される。
日本車ではいすゞのコーナーやスバルのコーナーがあり、この展示はマニアックで面白い。
またトヨタクラウンのコーナー、ニッサンセドリックのコーナーも興味深い。ただ、
その他、今も中古車屋で手に入るような車も無造作に並んでいるのが残念。ムスタングの
横にベンツを置いたりするような振る舞いと、展示の脈絡のなさはなんともカオスな表現で
あり、残念。そしてこのご時世に説明が全て日本語であることも時代遅れの1つである。
しかも表示の仕方が諸元中心であったり、車のエピソードであったりとちぐはぐな点も統一
したいところ。ミニチュアカーのコーナーも展示車同様、カオスな陳列である。また実際
使用される各階の世界のトイレの便器の展示は脱力モノである。昔、金箔を貼った
車が正面玄関に置いてあった時代(この時代はナンバーやらシートカバー、アクセサリー
までもらった時のまま展示してあった)からすると、若干進歩の跡は伺える。とりあえず、
一度も見たことがない人に取っては面白い施設であることは間違いない。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント