FC2ブログ
2019/07/10

ドイツ語と奮闘中

ドイツ語で高齢化社会を Überaltung der Gesellschaft
(イバアルトゥングデアゲゼルシャフト)といいます。私は60の手習いで遅れ馳せ
ながら、ドイツ語を習っていますが、なかなか思うようにすんなり
頭に単語が入っていきません。いつもどうしたら頭にすっと入るのかという事に悩んで
いますが、良い案を思い出しました。人に話すことを前提にまるごと、文を
覚えてしまうのです。これは若いころ、英語のフレーズを覚えるのにやっていた
手法です。しかもタイムリーな話題を選べば聞く方も身を乗り出して聞いてくれます。
しかしドイツ語は喋る機会が少なく、パソコンの対面学習しか今の所、
話相手がいないのが残念なところです。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント