FC2ブログ
2019/07/28

次なる攻撃の矛先はサムスン電子か?

日本政府による韓国半導体関連産業に対する「制裁」がエスカレートするなか、
日本が更なる措置をとる可能性が高くなっている。韓国メディアのビジネスコリアが
「日本政府の次の目標は、半導体やパネル製造設備であり、これが現実となれば
韓国メーカーには重大な打撃になる」と報じたことを紹介した。日本がホワイト国の
指定を外せば制裁対象は現在の3品目から1000品目に拡大されるという。

そして、現在の世界の半導体設備市場は、主に日本、米国、欧州が主導権を
握っており、中でも世界の大手設備メーカー15社のうち7社が日本企業だそう。
さらに、有機ELディスプレイに不可欠な設備である真空蒸着装置は
日本企業がほぼ独占状態にあるとしている。つまり、現在サムスン電子の
OLED(有機ELパネル)を100%韓国から輸入している有機ELテレビの純国産化を
進めるという日本企業の目論見がある。

KJ-65A1.jpg





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント