FC2ブログ
2019/08/01

スタバと筆者のカフェの立ち位置比較

■スターバックスのマーケティング

顧客ターゲット:ビジネスマン、中高年、ノマドワーカー
価格:コーヒーショップより割高な飲み物、手頃感のある軽食(冷凍食品)
客単価:1000円

店内:軽快なジャズを流す。読書や仕事に打ち込めるお一人様席と会話席を区分け。
アメリカンな店内。郊外では広い駐車スペース、ドライブスルーが手軽さを演出。
富山環水公園店など有数の絶景店がある。

■さとやまカフェのマーケティング

顧客ターゲット:主婦、カップル、仕事仲間、家族連れ
価格:パンケーキ、オムライス、ランチ、コーヒー、TWG紅茶
客単価:1500円

店内:ラウンジミュージック、ボサノバジャズ、寛げる広々とした空間。
自然を取り込んださとやまの借景、本物のインテリア、ヴィンテージな小物。
オーディオ、パンケーキ、手作りのスイーツ。
売上的にはスモールビジネス。工務店との相乗効果を図り、
トータルで売上げ増を目指す。

今後はランドリーカフェ、プランツカフェなど面白カフェを計画中。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント