FC2ブログ
2019/10/20

ストレスの解消法=なにもしないこと

私はこの歳になるまで働き詰めでしたので、何もしないことへの恐怖感といいますか、
経済活動=創造活動という図式になっています。そして、扱う商品が家と、大きいだけに
大金を動かすしんどさ、クライアントからの要求に応えなければいけないという脅迫観念が
ストレスとして、いつもつきまといます。

そこで欧米でトレンドになっているストレス軽減法がオランダ発の「niksen(ニクセン)」です。
これはオランダ語で「何もしない」を意味する動詞で、文字通り何もしないことがストレス解消
には効果的だそうです。さらにニクセンは、ひらめきを生み、創造性を高める手法としても
注目されています。デンマークの「ヒュッゲ」とともにボーっとするライフスタイルが注目を
浴びているようです。

私の場合、ストレスは怒りとなって時折、爆発しそうになります。そんな時は怒らないように
自分に言い聞かせる手法を使っています。それは簡単なことです。

つまり自我=心をなくすことです。仏教の教えでは心がすべて悪さをします。無駄な欲望も
自我がある故の仕業です。ここまでくれば禅の境地なのですが、自我=心をなくすこと、
そうすれば自ずと怒りが納まります。イメージとしては心をなくしてしまうことで、発する
怒りを無にしてしまうような感じかもしれません。

思うようにならないこと、他人への妬み嫉みは怒りに繋がります。それをなくす事は並大抵
ではありません。ストレスがない人はいないと思いますが、それを消すことも修行ですね。
稼がなければとか、やらなければならないという、脅迫観念や怒りから来る焦りは経験上、
創造性を削いでしまいがちです。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント