FC2ブログ
2020/01/09

カルロスの野望

私のような凡人には到底理解できませんが、レバノンの記者会見を見て、この人はなんと
饒舌なのだろうと、感心しました。質疑応答で5ヶ国語を瞬時に切り替えて自動翻訳機の
ように流暢に話す、彼は超人です。自動車業界ではカリスマ性がものを言うのでしょうか、
立板に水とはこのことでしょうか、ともかく数名の会議や折衝の場所でしたら、簡単に
論破されてしまいそうな勢いです。

ただし証拠隠滅や罪状認否のところは記者会見ではうやむやのままです。大半は感情的な
ことで、彼が日本の刑務所でいかに過酷に過ごしたことや、ニッサンのクーデターだと
指摘することなど、罪の部分は相変わらず霧の中です。

彼ほどの頭脳で17年間も日本にいれば日本語を覚えることなど、訳ないでしょうが、
一言も口にしないということはある意味、外国人として日本企業のトップに立つ場合の
戦略だったのでしょう。または日本が見下されていたのかもしれません。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント